ゆずた散歩

旅行した土地を撮影した写真をメインに綴っていきます。

【日高・新冠】競走馬のふるさとを訪ねる【北海道】

ウマ娘のアプリが待望のリリース。

今最もアツい話題ですね。

ということで今回は競走馬のふるさとである日高・新冠エリアを紹介します。

新冠温泉へ

自分は北海道へは大体車を積んでフェリーで行っている。

福井県敦賀市から苫小牧まで約20時間の船旅。

夜中に出発して次の日の夜に到着する。

苫小牧東港に到着して1時間ほど車を走らせて着くのがここ、新冠(にいかっぷ)温泉。

f:id:yuzutaso_san:20210501004942j:plain

新冠温泉 レ・コードの湯

日帰り入浴も、ホテルとして泊まることもできる。

日帰りでは何回も利用したことがあったが、泊まるのは初めてだった。

f:id:yuzutaso_san:20210501004952j:plain

広い客室

競走馬のふるさとなので部屋のキーは馬のデザイン。

f:id:yuzutaso_san:20210501005005j:plain

キーには馬

そして「レ・コードの湯」という名のとおり、いろいろな場所のデザインがレコードになっている。

f:id:yuzutaso_san:20210501005014j:plain

トイレ

f:id:yuzutaso_san:20210501005036j:plain

天井

f:id:yuzutaso_san:20210501005025j:plain

見ているだけでとても楽しい。

そして温泉へ。

f:id:yuzutaso_san:20210501005048j:plain

温泉へ

透明だがとてもヌルヌルしている温泉がとてもいい泉質だ。

開放感のある露天風呂で、朝は素晴らしい景色、夜は綺麗な星空を見ながらあったまっり、北海道の冷たい空気で外気浴したりするのも最高。

サウナもなかなか良かった。

f:id:yuzutaso_san:20210501194654p:plain

公式サイトより借用

そしてお待ちかねの朝食バイキング。

f:id:yuzutaso_san:20210501005225j:plain

朝食会場

はい、新冠名物「ポロシリ牛乳」。

確実に美味いやつです。

f:id:yuzutaso_san:20210501005138j:plain

ポロシリ牛乳

そしてバイキングにはご当地食材の料理がずらり。

イクラとかはもちろん、この豚汁もめちゃくちゃ美味しかった。

f:id:yuzutaso_san:20210501005203j:plain

朝食バイキング

温野菜とタコの蒸したものや、いろいろな種類のチーズ。

どれも美味すぎる。

f:id:yuzutaso_san:20210501005214j:plain

朝食バイキング

白米にイクラと昆布をのせて食べるともう最高。

豚汁と交互に流し込んだ。

f:id:yuzutaso_san:20210501005236j:plain

イクラと昆布で白米をいただく

いい温泉にこの朝食バイキングがついてたしか5000円くらいだったはず。

北海道はやはり最高。

f:id:yuzutaso_san:20210501005300j:plain

デカい石

競走馬のふるさとを訪ねる

新冠温泉から車ですぐの場所にあるのが、道の駅新冠

f:id:yuzutaso_san:20210501004353j:plain

道の駅新冠

入り口ではハイセイコーの像がお出迎え。

f:id:yuzutaso_san:20210501004341j:plain

ハイセイコー

道の駅内には、新冠ゆかりの名馬の碑が並んでいる。

ウマ娘を知らないときに行ったのだが、偶然トウカイテイオーの碑を撮っていた。

f:id:yuzutaso_san:20210501004313j:plain

トウカイテイオーの碑

ちなみにウマ娘で出てくるトウカイテイオーはこちら。

f:id:yuzutaso_san:20210501204406p:plain

ウマ娘でのトウカイテイオー

多分今行ったらもっと楽しめるだろうしまた行きたい。

次に向かったのは「サラブレッド銀座」と呼ばれているエリア。

新冠の町から内陸に伸びる道道209号線のことで、有名な牧場がこの通りに多数存在している。

駐車公園というのがあるので、ここに車を置いてふらふら散歩。

f:id:yuzutaso_san:20210501004435j:plain

サラブレッド銀座駐車公園

ちなみに駐車公園のトイレは蹄鉄柄。

f:id:yuzutaso_san:20210501004408j:plain

蹄鉄のトイレ

道沿いには芝生がずっと広がっており、馬たちを間近で見ることができる。

f:id:yuzutaso_san:20210501004423j:plain

ウマ娘

f:id:yuzutaso_san:20210501004504j:plain

ウマ娘

f:id:yuzutaso_san:20210501004625j:plain

ウマ娘

ちゃんと調べれば有名馬もここで見れたりするのだろうか。

サラブレッド銀座をさらに進むとあるのが「優駿メモリアルパーク」。

f:id:yuzutaso_san:20210501004534j:plain

優駿メモリアルパーク

中には「芦毛の怪物」オグリキャップの墓がある。

f:id:yuzutaso_san:20210501004520j:plain

オグリキャップの墓

像も建てられており、人気のある馬だったことがとてもよく分かった。

f:id:yuzutaso_san:20210501004600j:plain

オグリキャップ

顔出しパネルもある。

f:id:yuzutaso_san:20210501004613j:plain

顔出しパネル

ちなみにウマ娘で登場するオグリキャップがこちら。

f:id:yuzutaso_san:20210501210009p:plain

ウマ娘オグリキャップ

後々調べてみるとオグリキャップの墓と像だけでなく、他の名馬の墓や記念館などもあるみたいなので絶対にもう一度行きたい。

静内エリアへ

新冠から少し南に行けば、お隣の新ひだか町へ。

新ひだか町の中心が静内(しずない)エリアだ。

f:id:yuzutaso_san:20210501005323j:plain

静内駅

静内駅は綺麗な駅舎で、中には立ち食い蕎麦屋もあってとてもいい感じだ。

f:id:yuzutaso_san:20210501005312j:plain

静内駅構内

その静内にある施設がライディングヒルズ静内。

ここでは手軽に乗馬を楽しむことができるらしい。

f:id:yuzutaso_san:20210501005454j:plain

ライディングヒルズ静内

f:id:yuzutaso_san:20210501005509j:plain

馬がいる

門には馬のレリーフが。

これ、なんか見たことあるような気がすると思ったら、ウマ娘のアニメの最初に出てくる壁画に似てるなと思った。

f:id:yuzutaso_san:20210501005525j:plain

馬のレリーフ

f:id:yuzutaso_san:20210501211932p:plain

ウマ娘の壁画

ライディングヒルズ静内の場内にはこんな標識が立っていてとてもいい。

f:id:yuzutaso_san:20210501005436j:plain

馬横断します

ライディングヒルズ静内と同じ敷地内には、アイヌの象徴である「シャクシャイン」の像もある。

f:id:yuzutaso_san:20210501005340j:plain

シャクシャイン

シャクシャイン像の近くには、静内の町が見渡せる展望台もある。

f:id:yuzutaso_san:20210501005419j:plain

静内の町を見渡せる

静内からえりも岬方面に向かう国道沿いには、見落としてしまいそうな食堂がある。

f:id:yuzutaso_san:20210501004643j:plain

ねこや食堂

とても味のある外観だが、中もとても味がある。

f:id:yuzutaso_san:20210501004742j:plain

中も味がある

うどんがオススメで、つけうどんを注文してみた。

細めの麺がツルツルと美味しい。

天ぷらも美味しく、特にまいたけ天が最高だった。

f:id:yuzutaso_san:20210501004756j:plain

つけうどん

現在は休業中みたいだが、また行きたい店だ。

あ、名前のとおり猫も居て、足元に来たりもします。

最果ての地・襟裳岬

襟裳(えりも)岬とは、下の地図でいうとこの場所だ。

何もない場所ということがわかるだろう。

f:id:yuzutaso_san:20210501213417p:plain

えりも岬の場所

襟裳岬へは静内から南へさらに約2時間。

一本道をずっと走る。

途中にエンルム岬という看板を見つけたので寄ってみた。

f:id:yuzutaso_san:20210501004826j:plain

エンルム岬

車を停めて高台へと登ってみるとなかなか良い景色が広がっていた。

海の色がエメラルドグリーンでとても綺麗。

f:id:yuzutaso_san:20210501004810j:plain

エンルム岬からの景色

エンルム岬からさらに30分ほど進めば、えりも町に入る。

えりも町にあった寿司屋に入り、海鮮丼を食べる。

ツブ貝があり得ないくらい歯ごたえがあってコリッコリで美味すぎた。

f:id:yuzutaso_san:20210501004837j:plain

海鮮丼

 そしてあと20分ほど進み、最果てである襟裳岬に到着。

「風極の地」とあるように風がものすごく強く冷たい。

f:id:yuzutaso_san:20210501004851j:plain

風極の地

最果ての地のイメージだったが、観光客もいるしきちんと整備されていてびっくりした。

f:id:yuzutaso_san:20210501004904j:plain

襟裳岬

襟裳岬の突端へは、遊歩道を500mほど歩けば行ける。

散歩にもちょうどいい(風は強く冷たい)。

f:id:yuzutaso_san:20210501215822j:plain

襟裳岬突端へ

天気がいい時がなかなか無いらしいが、それでもとてもいい景色だった。

f:id:yuzutaso_san:20210501004918j:plain

襟裳岬突端

 

今回は北海道でもなかなか行く人が少ないと思われる日高地方を紹介してみました。

ウマ娘にガッツリ触れてから調べてみると、あの場所にこんなのあったのか~という場所も多いのでもう一度じっくり回りたい。

 

 

よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ