ゆずた散歩

旅行した土地を撮影した写真をメインに綴っていきます。

【イングランド】きんいろモザイクの聖地を巡る【イギリス】

 

yuzuta-sanpo.com

この記事の続きになります。

 

前回は初めてのイギリス上陸とロンドンを紹介しました。

今回はロンドンを出て列車でイングランド郊外へ。

大好きな作品である「きんいろモザイク」の聖地巡礼をしました。

きんいろモザイクの聖地で宿泊する

ロンドンのパディントン駅から列車で1時間ちょっとで、コッツウォルズ地方のChippenham駅に到着する。

さらにChippenham駅からタクシーに約15分乗車すれば「きんいろモザイク」の聖地である「フォス・ファームハウス」に到着する。

門を開けて進めばそこには...

f:id:yuzutaso_san:20210802193536j:plain

門を開ければ

ジャーン、見覚えのあるこのドア。

そう、きんいろモザイクのOPで何度も見た風景が目の前に。

f:id:yuzutaso_san:20210802193915j:plain

見覚えのあるこの風景は

f:id:yuzutaso_san:20210802222605p:plain

何度も見たこのシーン

玄関に飾られている風鈴もアニメに登場したまんまだ。

f:id:yuzutaso_san:20210802193544j:plain

風鈴も全く同じ

f:id:yuzutaso_san:20210802222529p:plain

アニメでのシーン

そしてついにドアをくぐる。

ドアストッパーのクマもアニメと全く同じ。

f:id:yuzutaso_san:20210802193551j:plain

ドアのストッパー

f:id:yuzutaso_san:20210802222535p:plain

全く同じ

アニメと同じようにジャンプして家の中に入る。

このときの自分はしのと同じ表情をしていたと思う。

本当にきんいろモザイクの世界に入ったみたいだった。

f:id:yuzutaso_san:20210811214207p:plain

本当にこれになった

玄関には英語と日本語で案内が書かれている。

一緒にあのシーンの写真が飾ってあるのもとてもいい。

f:id:yuzutaso_san:20210802193457j:plain

玄関

そして中へ。

今回泊まった部屋はこちら!

「パインルーム」という、しのがアリスの家にホームステイした時に泊まっていた部屋だ。

f:id:yuzutaso_san:20210802193713j:plain

パインルーム

この部屋で泊まれるのが本当に嬉しかった。

f:id:yuzutaso_san:20210802222547p:plain

アニメでのシーン

ベッドの上にはアリスが久世橋先生に作ってもらった「シノ2号」が。

f:id:yuzutaso_san:20210802193644j:plain

シノ2号

「Fosse Farmhouseへようこそ!!」という文字と

f:id:yuzutaso_san:20210802193658j:plain

Fosse Farmhouseへようこそ!!

しの役の西明日香さんのサインが入っている。

f:id:yuzutaso_san:20210802193651j:plain

西明日香さんのサイン入り

Rhodanthe*のサイン入りのクッションもあった。

f:id:yuzutaso_san:20210802193705j:plain

Rhodanthe*のサイン入りクッション

英語のチラシもあった。

f:id:yuzutaso_san:20210802193503j:plain

チラシ

宿泊者が自分しか居なかったため、もう一つの「ピンクルーム」も見せてもらうことができた。

こちらはアリスの部屋だ。

f:id:yuzutaso_san:20210802193529j:plain

ピンクルーム

きんいろモザイクグッズが置いてあるスペースもあった。

この聖地巡礼ノートには、原作者の原悠衣さんやRhodanthe*(きんいろモザイク)のメンバーの書き込みもあり、本当にみんなここに来たんだな~と思った。

f:id:yuzutaso_san:20210802193835j:plain

聖地巡礼ノート

f:id:yuzutaso_san:20210802193821j:plain

かわいい

建物の中だけでなく外もいろいろ案内してもらえた。

倉庫に眠っているこの車はアリス父が運転している車だ。

f:id:yuzutaso_san:20210802193604j:plain

倉庫に眠っている車

f:id:yuzutaso_san:20210802222611p:plain

アリス父の車

メインの建物とは別の場所にあるこの建物は、アニメではリビングとして紹介されていた。

今は何に使用されているのだろう。

f:id:yuzutaso_san:20210802193559j:plain

リビングのモデル

f:id:yuzutaso_san:20210802222541p:plain

アニメではリビングだった

そしてお待ちかねの夕食。

前菜のスープも美味しかった。

f:id:yuzutaso_san:20210802193740j:plain

いざ夕食

夕食場所もアニメそのままの感じだ。

f:id:yuzutaso_san:20210802222553p:plain

アニメでの夕食

せっかくなのでご当地ビールっぽいものも飲んだ。

f:id:yuzutaso_san:20210802193747j:plain

それっぽいビール

f:id:yuzutaso_san:20210802193754j:plain

それっぽいビール

野菜も登場。

芋が美味い。

f:id:yuzutaso_san:20210802193801j:plain

いも

メインのステーキは焼き加減もよく、とても柔らかくてめちゃくちゃ美味しかった。

f:id:yuzutaso_san:20210802193808j:plain

メインのステーキ

最後はデザートのカスタードプリンで〆。

イギリスはご飯があまり美味しくないと聞いていたので不安だったが、とても美味しかったので最高だった。

f:id:yuzutaso_san:20210802193815j:plain

デザート

夜は持ってきたタブレットきんいろモザイクを観た。

きんいろモザイクの聖地で観るきんいろモザイク、今までで一番良かった。

f:id:yuzutaso_san:20210802193509j:plain

きんいろモザイクの聖地できんいろモザイクを観る

朝起きたら日が差していたので窓から外を眺めながらコーヒーを淹れて飲んだ。

清々しい朝だ。

f:id:yuzutaso_san:20210802193517j:plain

清々しい朝

階段を降りていくとキッチンからいい匂いが。

早速トースターで食パンを焼いていく。

焼けたらポンと出てくるタイプのトースター、非常にいい。

f:id:yuzutaso_san:20210802193850j:plain

トースター

テーブルに運ばれてきたのは、絵に描いたようなイングリッシュ・ブレックファスト。

完全にイギリスの朝という感じで、とても美味しかった。

サクサクの食パンにマーガリンと特製のジャムを塗って食べるのもとても美味しかった。

f:id:yuzutaso_san:20210802193857j:plain

イングリッシュ・ブレックファスト

チェックアウトしこの場所を離れる前に最後の一枚。

晴れている時に写真が撮れてとても良かった。

f:id:yuzutaso_san:20210802193921j:plain

フォス・ファームハウス

f:id:yuzutaso_san:20210802222511p:plain

アリスの実家

イギリスに来た際にはまた絶対に泊まりたい場所になった。

英国一美しい村 カースル・クームを巡る

フォス・ファームハウスに泊まった日、夕飯までは時間があったので歩いて30分ほどのところにある「カースル・クーム」に向かってみた。

グーグルマップでは正しい道が表示されないので、オーナーさんにもらった地図を頼りに進んだ。

f:id:yuzutaso_san:20210802193639j:plain

カースル・クームへの道

途中の道も楽しみながらカースル・クームに無事到着。

ここは「英国一美しい村」と言われており、きんいろモザイクでアリスの実家はこの村にあることになっている。

f:id:yuzutaso_san:20210802193611j:plain

カースル・クーム

f:id:yuzutaso_san:20210802222523p:plain

きんいろモザイクでの様子

村を散策していると無人販売所を発見。

イギリスっぽいオシャレな感じで、手作りジャムやケーキが売っている。

f:id:yuzutaso_san:20210802193632j:plain

無人販売

レモンケーキを2£(ポンド)で購入。

しっとりしてて美味しかった。

f:id:yuzutaso_san:20210802193444j:plain

レモンケーキ

基本曇っていたのだが、時折青い空も見えて良かった。

静かで、本当に童話のような世界観でとてもいい場所だった。

f:id:yuzutaso_san:20210802193625j:plain

いい風景

【おまけ】ブリストルを巡る

せっかくなのできんいろモザイクの聖地からイングランド西側の主要都市である「ブリストル」にも行ってみた。

Chippenham駅から列車で1時間半ほどでBristol Temple Meads駅に到着。

f:id:yuzutaso_san:20210802193928j:plain

Bristol Temple Meads駅

中もいい感じだが、外から見てもいい感じの駅だった。

f:id:yuzutaso_san:20210802193935j:plain

いい感じ

少し離れて駅舎を眺めてみると、お城みたいでものすごくカッコいい。

f:id:yuzutaso_san:20210802193946j:plain

お城みたい

駅から10分ほど歩くとあるのが「St Mary Redcliffe Church」という教会があった。

外観からしてカッコいい。

f:id:yuzutaso_san:20210802193952j:plain

St Mary Redcliffe Church

無料で中に入ることができたので中に入ってみた。

おぉ~凄いカッコいい。

f:id:yuzutaso_san:20210802193958j:plain

教会の中

入ったタイミングでは人が誰も居なかったのでこの景色を独り占めできた。

とにかくカッコいい。

f:id:yuzutaso_san:20210802194018j:plain

すごくカッコいい

壁一面にあるステンドグラスもすごく綺麗。

特に正面にあるステンドグラスが素晴らしい。

f:id:yuzutaso_san:20210802194012j:plain

正面のステンドグラス

再び歩いて街の方へと向かう。

カラフルな家が並んでいた。

f:id:yuzutaso_san:20210802194030j:plain

カラフルな家

ここは商業エリア?

でかいミラーボールのようなものがあった。

f:id:yuzutaso_san:20210802194042j:plain

商業エリア?

先程の教会から歩いて15分ほどのところには「ブリストル大聖堂」がある。

さっきの教会もまあまあ大きかったがブリストル大聖堂はもっと大きかった。

f:id:yuzutaso_san:20210802194054j:plain

ブリストル大聖堂

お~天井が高い。

さっきの教会は綺羅びやかな感じだったが、こちらは厳かな雰囲気だった。

これもこれで非常に良かった。

f:id:yuzutaso_san:20210802194100j:plain

大聖堂の中

ここは「オールド・シティ」と呼ばれているエリア。

歴史的な建物が立ち並んでおり、タイムスリップしたような雰囲気がとてもいい。

f:id:yuzutaso_san:20210802194124j:plain

オールド・シティ

これはオールド・シティと駅前のエリアを繋いでいる「ブリストル橋」。

f:id:yuzutaso_san:20210802194130j:plain

ブリストル

川の上には遊歩道もあった。

ボートに乗って移動することもできるらしい。

f:id:yuzutaso_san:20210802194136j:plain

川には遊歩道もある

これは川沿いにある「キャッスル・パーク」のシンボルである教会。

この近くでピクニックをしている家族も多く見られた。

f:id:yuzutaso_san:20210802194147j:plain

キャッスル・パーク

ブリストルは2時間ほどしか滞在しなかったが、散歩するだけでもなかなか楽しかった。

 

以上、きんいろモザイク聖地巡礼ブリストル散歩の記事でした。

今週金曜日に劇場版「きんいろモザイクThank you!!」が上映開始となります。

今でもイギリスに帰りたいけど観たらもっと帰りたくなるんだろうな~。

 

 

 

よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
人気ブログランキング